トリートメント練習をしているとよく言われるのですが

「先生の手は温かくて柔らかくてふかふかでうらやましい!」



FullSizeRender


確かに私の手はセラピスト向きだと思います。

自分でもこの手が気に入っています。



こんにちは、
埼玉県さいたま市大宮の
「セラピスト力を高めるトリートメントスクール」
Bloom gardenです





でも、

セラピストなりたての頃の私は自分の手が好きではなかったです。





というのも、

「手がかたい!」
「動きがぎこちない!」
と何度となくダメ出しを出され自信のない手をしていたから。


「全然気持ちよくない!!」


自分の手が嫌で仕方がなかったのですよね~。





上手なセラピストさんの手をうらやましく思ったこともあり、指名をたくさんもらっている先輩の施術を受けて

「自分とは違ってもともと「手」が気持ちいい人なんだ、生まれ持った素質のある人なんだ」

→「だから自分はどんなに頑張っても無理」


笑。

こんな諦めモードでもありました。






そんなモヤモヤした気持ちを抱えていて、ふとその気持ちが溢れて内に秘めていたその気持ちが職場でこぼれた時に言ってくださった先輩の言葉・・・


「隣の芝生は青い。笑」

「一人として同じ手の人はいないけど、『この手いいな』って思う手はたくさんあるのだからそのいいなっていう手の一人になればいい」

こんな表現だったと、私の記憶には残っています。



そして

「自分の手を好きになれなくていいトリートメントはできるの!?
まずは自分の手が好きになれるように毎日大切にしてあげて!」

という言葉もいただきました。





その時は半信半疑でしたが、藁にもすがる思いで試してみました。

・毎日ハンドクリームで滑らかな肌になるようお手入れ
・マッサージで手を柔らかくなるようにケア
・とにかく空き時間は手首指先を動かして手に柔軟さがでるように
・指先ストレッチも



それに加えて柔らかいタッチングができるように、自分の太もも&ふくらはぎを触りに触って「あ!この触られ方良い!!」という感覚をつかんでいきました。





自分の手を大切にすることで次第に「手」への意識が変わっていきましたね。

手への意識が変わったあたりから自分の手が今の手へと変わっていったように思います。






誰かの「手」がうらやましいと思う前に、

自分の手を可愛がって大切にしてください☆



愛情を注げば必ず応えてくれるはず!!



 関連記事 
****************************





****************************


ロゴマーク



banner_7Bc_06
スクールHPはこちら

埼玉県さいたま市北区大成町4-288-2
サロン営業:不定休 11:00~21:00(21時最終施術終了時間)

スクール開催日程は各講座に準じます

JR大宮駅発の埼玉新都心交通ニューシャトル「鉄道博物館駅」から徒歩4分
国道17号線ロヂャース大成店近く、パーキングあり


埼玉県さいたま市のセラピストスクール/自宅サロン、個人サロン企業運営講座/スキルアップ手技取得のためのマッサージトリートメント練習