癖ついちゃうとなかなかそこから脱せないことのひとつに

指先に力が入ってしまう、
力(パワー)で施術してしまう


がありますよね~。




私はセラピストになってはじめの施術が指圧からのスタートだったため、

指先に力を入れてしまう癖がなかなかとれず、オイルトリートメントに苦戦した経験があります


なので、力が抜けないジレンマみたいなもどかしい気持ち、よ~~~くわかりますよ!



IMG_7381

指先に力が入ると、受け手のお客様に「硬い手」の感触として伝わります。

力って筋肉が緊張するので、その緊張感がお客様にも伝わってしまうもの。

リラックスにつながらない場合もあるんです




また、
指先に力が入ると、お客様の身体の丸みに手がフィットしないので密着感も弱まります。

ホールド感といってもいいでしょうか、実際の手のひら以上に大きく感じたりすっぽり包まれる安心感が施術の満足度にも、施術の結果にもつながるのですが。

密着感が弱いと施術の物足りなさを感じてしまったり、正しい筋肉のリリースができなかったりします




IMG_3391


では、その正しく密着させて手全体、腕から肩までリラックスしたいい脱力感で施術するには…?

指先ではないある部分にちょっと意識を置くと、手全体のリラックス&密着につながります。





施術の講座では、テクニック・手順も大切ですけれど

体を壊さない姿勢、
お客様が心地よく感じるための姿勢、
タッチング、密着感
パワーじゃない”圧”
筋肉を骨格をとらえるタッチング

などなど、さらに奥に踏み込んだ部分を伝えていきます。




これこそが、施術を深め手技力を高めると~~っても重要なテクニック。

そしてここを理解できると、トリートメントが、この仕事がも~~っと楽しくやりがいに感じることでしょうね!

私自身がそうでしたから





 関連記事 
****************************





****************************

”施術力”を高めるためのセラピストスクール
ロゴ白抜き
講師のご紹介      スクール・講座ご案内
アクセス        サロンブログ(コラム)

友だち追加

埼玉県さいたま市のセラピストスクール/自宅サロン、個人サロン企業運営講座/スキルアップ手技取得のためのマッサージトリートメント練習