リラクゼーションサロンでもエステサロンでも、カウンセリングをしますというサロンが多いです。


大手チェーン店のマッサージ屋さんですとそういうのがなく、早々に着替えて施術に入るというところもありますね。

そういうマッサージ屋さんの場合は、手技も完全に統一されていてアレンジもNG、全員が決まった流れで決まったテクニックで決まったアプローチの仕方でお客様に接客サービスをすると徹底されています。

理由はいろいろあるのだと思います。
それはそれで、その会社の方針ですからね。

大きい会社だから、全国あちこちの便利のいい場所にドンっと構えられるから、お客様に流動性(一見さん、不定期リピーターさん)があってもいろんなお客様を囲い込めるのでそれでOKなんです。




でも、個人サロンではそうもいきません。

むしろその反対をするのが、できるのが、個人サロンの特徴でもあります。

*個々に柔軟に対応できる
*お一人お一人のお悩みに細やかに丁寧にケアができる
*セラピストの個性そのものがサロンの雰囲気となり印象に残る



「対 不特定多数」なのか、「対 お客様一人」なのか。

利用者側も「利便性で選ぶ」のか、「そのお店・施術者で選ぶ」のか。

こんな違いがあるのかな~と考えています。






そうなると、

やはり個人サロンではカウンセリングってすごく重要になってきます。

カウンセリングはお客様との関係が深まるタイミングでもありますからね!


1



だからなのでしょうか、カウンセリングにプレッシャーを感じるセラピストさんが多いんですよね。

という私も苦手意識のあった時期がありましたから、気持ちはよくわかります。




たぶん、

カウンセリング

というこのワードが固い表現で印象として良くないのだと思うんですけどね!




そもそも、カウンセリングの意味って

Wikipediaの抜粋ですと

”依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである”

とあります。




広い意味で美容関連もこのカウンセリングという言葉を使うとあります。


つまりイメージとして、
「お客様のお悩みを聞いて、そのお悩みを解消するために施術をしアドバイスをする」

こんなことを想像されるのではないでしょうか。



サロンによっては「もっと単価の高いコース案内を!」とか、「物販に繋げる会話の流れを!」とか売上につながる販促行動をするようにというスタッフへの目標設定もあるでしょう。




個人サロンであってもそこは目標として持っていても良し、リピートに繋げるためにはカウンセリングはきちんと丁寧に行う必要性大!です。





で、す、が、、、、!!



そこを目標にする前に、

そもそもの「カウンセリングの必要性」を理解していないとそこにはたどり着けないんです。



カウンセリングの基本的な、本当の意味目的を知らずして、売上とかリピートの目標に向かってしまうと…

失敗します



そりゃ、そうですよね。

売上だけを目標にカウンセリングしたら、お客様にこちらの心が見えてしまいますもの。



よくエステサロン苦手というお客様の声を聞くと「高いコースをすすめられるから」「化粧品を買わされるから」というネガティブ感情を抱いています。

でも、本来エステに行くってことはそのお客様にも”目的・目標”があったはず。

なのに「〇〇させられる」という押し付けに感じてしまう、これってどういう心理??




カウンセリング講座では、
そもそものカウンセリングの意味目的を明確にします。


カウンセリングっていう言葉が良くないって言いましたが、お客様にとってもこの「カウンセリング」って言葉はもっとかたく冷たい印象を持っていると思います。

なので「では、カウンセリングはじめます!」ってセラピストさんから言われると「何を聞かれるんだろう…」「何かすすめられてしまうのでは?」と不安や緊張が出てきてしまうかもしれませんね。

セラピスト側は「コース単価アップ!」「物販に繋げるぞ!」って意気込んでプレッシャーを感じて緊張し、お客様は不安で緊張…

カウンセリング時間がものすごいピリピリした感じになってしまいません??


結果お客様は疲れてしまい次回ご来店がない、セラピスト側は「またうまくいかなかった」って落ち込んでさらに苦手意識が高まる…




根本的なセラピスト側の意識のズレが負のスパイラルに陥っているのです。





リラクゼーションサロンにおいてのカウンセリングの意味目的を理解すると、たぶんカウンセリングって言葉が似合わなく感じます。

「私もあまり使いません、カウンセリングって言葉」って講座を受けたセラピストさんがおっしゃってました。

img1

わたしもまだまだ構築中なのですが、お客様とのカウンセリング時間をもっと楽しく、ちょっとしたアトラクションとしてワクワクするような、そんな時間にしたいと思っています。

お客様がリラックスし、ワクワク♪ルンルンとしたときにこそ、ちゃんとしたカウンセリングができるからです。



カウンセリングを知ると、

自分自身もリラックスして楽しめて、その思いがお客様も同じように感じていただけて楽しい時間となり、相乗効果で目標を達成できるものです。


カウンセリング講座は「分かっていたけど、わかっていなかった」そんな発見がある講座です。




 関連記事 
****************************





****************************

”施術力”を高めるためのセラピストスクール
ロゴ白抜き
講師のご紹介      スクール・講座ご案内
アクセス        サロンブログ(コラム)


友だち追加

埼玉県さいたま市のセラピストスクール/自宅サロン、個人サロン企業運営講座/スキルアップ手技取得のためのマッサージトリートメント練習